エンドオブライフ・ケアにおける援助者養成基礎研修のご案内

3月9日(土)、10日(日)徳島県で「エンドオブライフ・ケアにおける援助者養成基礎研修」を開催することが決定しました。

全国的に看取りの場が病院から、在宅、介護施設へと移行する中で、介護現場で従事する援助者が、多様な専門職と連携しながら、患者・利用者およびその家族が直面する「人生の最終段階:エンドオブライフ」でのケアを提供していくかが問われる時代が訪れています。
 このような状況におきまして、徳島県の福祉・介護人材キャリアパス支援事業の一環 として徳島県医療ソーシャルワーカー協会が研修実行委員会を立ち上げ、エンドオブライフ・ケア協会の小澤竹俊先生を招き、介護現場でのエンドオブライフ・ケアに取り組める人材育成を目的とした研修会を開催する運びとなりました。徳島の地で開催される絶好の機会ともなりますので、是非、ご参加くださいますようよろしくお願いします。

平成31年1月15日

エンドオブライフ・ケアにおける援助者養成基礎研修・実行委員会

寺嶋吉保(徳島県立中央病院)、津田祐子(四国大学)、邉見知惠子(徳島県看護協会)、
位頭薫(NPOゆいまーる)、徳島県医療ソーシャルワーカー協会理事
詳しくはこちら